Category Archive:技術

システムエンジニアの現場では、チームで行動することが多い傾向にあります。企業に勤めているシステムエンジニアの場合は開発チームの一員として働くケースが多いので、コミュニケーションが必須になります。上手くコミュニケーションを取れるようになれば仕事の進行がスムーズになり、スムーズに仕事が行えればチームで作り上げる製品のクオリティを高められるでしょう。質の高い製品を生み出せるようになればチームの評価が高まるだけでなく、一人ひとりの市場価値がアップすることも期待できます。コミュニケーション能力を高めるには、日頃から積極的に多くの人と関わるようにするといいでしょう。

システムエンジニアはチームの一員として働きますが、自分の技術を高めることも忘れないようにすることが大切になります。自分の技術が高ければ、企業やチームへの貢献度がアップします。そのため、システムエンジニアを始めとするIT業界の職業の場合は、技術の向上を必ず行うように心がけましょう。IT業界では技術の移り変わりが激しい傾向にあります。半年や1年の間で新しい技術が生まれるので、常に新しい技術を追い求めておく姿勢が大切でしょう。この最先端の技術を追い続けるという行動はシステムエンジニアが苦労するポイントですが、メリットでもあります。最先端の技術を持っているシステムエンジニアは市場価値が高く、どの企業も求めている人材といえるのです。つまり最先端の技術を持っていることで、給料のアップや転職の成功が期待できるでしょう。

システムエンジニアのデメリットとして挙げられるのは技術面に関してでしょう。IT業界の場合は技術の移り変わりが速い傾向にあるため、新しい技術を身につけても半年や1年の間で自分の持つ技術が使えなくなるケースも考えられます。自分の技術がIT業界で通用するものであるためには、常に新しい技術を身につけておくことが重要です。このデメリットを解消するには探求心や向上心が必要になり、常に新しい技術を追い求める探求心や、自分が最先端の技術を持つ貴重な人材になるという向上心があればデメリットではなくなるのです。考え方を変えればメリットともなるでしょう。企業は最先端の技術を求めています。つまり最先端の技術を持っていることで自分の市場価値を高めることができ、市場価値が高まっていけば転職を考えた時に企業が求める人材となれるのです。また、市場価値を高めていくことでフリーランスとして働く時も仕事が得られやすくなります。

就業時間外での勉強を求められる部分も、システムエンジニアにとってのデメリットといえます。システムエンジニアはチームの管理を求められるケースが多いので、専門的な知識を深めておく必要があり、休日を使っての勉強が効率的です。これも、考え方によってはメリットとなります。専門的な知識を深めることで仕事をスムーズに行えるようになるので、チームで作り上げる製品が質の高いものになりやすいでしょう。質の高い製品が出来ればチームの評価が上がって、自分の市場価値も上がります。