Category Archive:将来性

残業が多い、仕事がきついなどの言葉が聞かれるシステムエンジニアですが、仕事の一番の魅力はもの作りの達成感といえます。システムエンジニアの仕事は、クライアントの要望をもとに実際のイメージを頭の中で想像し、具体的に設計していくことです。ずっと関わってきたシステムが完成して、クライアントから感謝の言葉を述べられたり、身近で自分自身のアイディアが利用されるのを目にした時などは、大きな達成感を味わえると同時に強いやりがいと喜びを感じることができます。たくさんの人たちが利用する重要なシステムはプレッシャーも大きいですが、作り上げるシステムが毎回違うクリエーティブな仕事なので、常に新しいことを学びながら自分自身も大きく成長をしていけます。

現代はコンピューターの進歩が目覚しく、さまざまな企業が導入をしています。専門性の高いシステムエンジニの活躍の場はあらゆるビジネスに広がりを見せていますが、人材が不足をしているので今後もその市場価値は上がっていくことが予想されています。システムエンジニアは関連する資格が多い職業で、どのような技術を習得してどのような専門性を身につけていくかなどのキャリアプランを自分で選択していくことが可能です。今後ソフトウェアやシステム開発企業だけでなく、一般企業の社内システムエンジニアとして採用される割合が多くなっていくことが考えられ、現場での仕事だけでなくマネージメント業務や新人エンジニアの教育など多くの場で、将来性が期待されています。

システムエンジニアの将来性に関しては、自分次第で変わる可能性が高いのも実情です。システムエンジニアの場合は技術が移り変わるスピードが速く、場合によっては半年や1年で新しい技術に変わってしまうケースも珍しくないでしょう。この技術の移り変わりに対応できれば、システムエンジニアに適しているといえます。最先端の技術を身につけていれば、自分の市場価値が高まるため転職の際に有利です。年齢を重ねていくと技術面だけでは生き残りにくくなるので、リーダーシップを発揮できるようになることも重要です。システムエンジニアはチームで仕事をこなすので、将来的にはリーダーを任される場合があります。リーダーを任された場合にリーダーシップを発揮して、チームをいい方向へと導けばチームの評価が上がり、自分の市場価値も上がります。

将来性を高めるにはビジネススキルも重要です。システムエンジニアはクライアントとの交渉を行うことがよくあるため、クライアントとの交渉を上手く行うことができればチームでの仕事がスムーズにいきます。このビジネススキルはフリーランスのシステムエンジニアとして働く場合にも役立つのが特徴です。フリーランスになれば全ての仕事を自分でこなすことになります。営業や交渉の際にビジネススキルが発揮されれば高単価の仕事を請け負えるでしょう。企業に勤めている頃から技術を磨いておけば自分の技術力が収入アップに役立ち、さらに磨き続けていければ市場価値の高いシステムエンジニアになることも夢ではありません。